「静さまは初恋である、浪漫斯(ロマンス)はまだない。」1巻発売中です!

shizuhatu.jpg

となりのヤングジャンプで連載している、「静さまは初恋である、浪漫斯(ロマンス)はまだない。」1巻が発売しております。
「夜明け後の静」の続編ですが、移籍に伴い内容も一新。
テーマは日本で初めての恋愛話。

恋愛と言う概念は古くからありそうなものだが、実は無かった。
源氏物語などにしても求められていたのは地位に名誉に金。竹取物語にしてもそうである。
男女がごく普通に心を通わせる果てにあるのは、近松門左衛門の作品に代表されるように、心中しかなかった。
男女が添い遂げる目的は飽くまで労働力や生産力の確保、あるいは家名の存続にすぎなかった。明治時代までは。
恋愛と言う概念が初めて受け入れられるようになったのは、実は明治時代に入ってからだったりする。
初めての概念に戸惑いながらも前に進む、そんな初々しい男女を描いています。

何卒よしなに。
[ 2037/07/25 02:14 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hidegogogo.blog.fc2.com/tb.php/453-2f1b7fb5