3年の壁

seralong.jpg

漫画家に限らず自営業というものの壁はまず3年らしい。
売り上げが芳しく無くても、ヘソクリやらなにやらをやりくりして何とか騙しだましやっていける年月が3年らしい。
逆に言えば3年持たなければそもそも向いていないということなのだろう。

で、営業を始めて3年後が金銭的精神的社会的体力的な一つの臨界点であり、ここで生き残る人、生き残れない人がまずまず明確に分かれる。

漫画家としての営業開始時期を連載開始時期とすると、私の初連載は2015年9月。
そろそろである…

ではこの3年を過ぎれば後は安泰かと言えばそんなわけなく、今度は7年の壁と言うのがあるらしい。
この7年の壁を越えられれば世間的にも認知されてきたということで、病気や仕事上の重大なヘマなどをしない限りは仕事が継続する…らしい。
それが漫画家に当てはまるかどうかはわからないが。

だがまぁ受賞を漫画家稼業の始まりと仮定すれば、私なぞ20年戦士である。
向かうところ敵なしのはずなのである。
はずなのだが…
[ 2018/07/23 15:35 ] 漫画修行 6)次の連載~現在 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hidegogogo.blog.fc2.com/tb.php/438-d33a9fba