連載コンペ結果

guruguruguru.jpg

通りました。
やったー!パチパチ

ただ雑誌名は告知(かなり先)までナイショとなります。
いずれ作画スタッフの募集をかけるので、その時にわかる人にはわかると思いますが…

連載を取るには、実績のある作家を招聘する場合を除くと、
・編集長プレゼン(編集長+副編集長+担当編集者等、少数で連載を決める)
・連載コンペ(編集部全員やある程度の役職以上の編集者全員等、多数で連載を決める)
の二つがある(と思う)。

編集長プレゼンの場合、編集長と作家の感性が合えばすぐ通るし、合わなければ10年経っても通らない(かもしれない)。
連載コンペの場合、編集者の方々の援護射撃を得られる場合もあれば、集中攻撃を受けるリスクもある(かもしれない)。

私の場合、編集長プレゼンは3戦3敗で、連載コンペは2戦2勝である。

・「東京昆虫ムスメ」を編集長プレゼンに出す→ものすごい勢いで没
・没った昆虫ムスメを、しれっと連載コンペに出す→ものすごい援護射撃を受けて通る
・新連載ネーム(A作)を編集長プレゼンに出す→私も担当さんもあまり乗り気でないネームでもあり、ずるずると没
・新連載ネーム(B作)を編集長プレゼンに出す→私も担当さんもかなり乗り気なネームであったが、あえなく没
・「B作はウチじゃダメだけど、他の編集部なら絶対拾ってくれる」と担当さんに背中を押され、別編集部の連載コンペへ提出→通る
圧倒的、圧倒的プルサーマル…!

ただまぁ、ここからがスタートである。
結果を出して初めてゴール。
先は長い。

おめでとうございます!
連載出来ないわけがないと思って見てました。
また雑誌で見れるのを楽しみにしてます。
[ 2017/05/22 07:24 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありがとうございます!
情報が解禁されたら告知しますのでお楽しみに!
[ 2017/05/22 20:55 ] [ 編集 ]

可能性は無限大

1回ボツをくらったからって、その漫画がダメかどうかはわからないと思います(≧▽≦)
かの有名な進撃の巨人だってジャンプでボツってマガジンに拾われたわけですし

いろんなコンペにしれっと同じ漫画を回すのも大切な技術だと思いますよ
自分の漫画の可能性を信じてください!
[ 2017/05/25 07:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hidegogogo.blog.fc2.com/tb.php/393-03f464d1